ハワイ留学

ハワイ州マッサージライセンス試験当日

テストの当日は朝5時くらいに起きました。
ゆっくり起きれるようにと午後からのテストに申し込んだのですが、朝から最後の追い込みでした。もちろん前日の夜にも勉強していましたが、夜遅いと眠くなってしまう為眠くなったら潔く寝てしまい朝一で勉強することが多かったので、結局早起きすることになりました。

試験会場はカイルアです

ハワイ州のマッサージライセンス試験が開催されるのはカイルアにあるPrometricという会社になります。テストは13時からですが、同じ日に受験するクラスメイトと一緒に早めにカイルアへ向かい、現地でランチをしながら一緒に最後の復習をしようと約束していたので、朝9時頃に家を出発しました。

カイルア方面へはアラモアナショッピングセンターやダウンタウンなどで乗り換えが必要です。その日はダウンタウンでカイルア行きのバスに乗り換えましたが、とてもバスは混んでいました。約一時間のバス移動中も勉強しようと思っていたのですが、もちろん座ることは出来ず立っているのもやっとの荒い運転だったので当てが外れてしまいました。

カイルアタウンの中心地にあるスーパーマーケット、「ホールフーズ」で降りたのは午前10時30分頃でした。まずはホールフーズのカフェスペースで勉強して、ランチはテスト合格の景気づけにちょっとおしゃれなお店で、、なんて当初は思っていましたが、全くそんな余裕は無し。ギリギリまで復習したい、少しの時間でも見直したい、これで本当に大丈夫かという焦りがあったので、結局はホールフーズでちょっと早いお昼ご飯にお惣菜プレートを買ってから、13時のテスト本番30分くらい前までカフェスペースでずーーっと勉強をしていました。直前に詰め込んでもテスト本番に集中力が切れてしまわないかという心配もありましたが、百点満点獲得を目標にしていたので、ギリギリまであがけるだけあがきました。

緊張してもトイレは借りられるので安心

試験時間の20分前にPrometricオフィスへ到着すると、テストを受ける人が既にけっこう待機しており、オフィスに入りきれず廊下に長い行列ができていました。

たくさんの人で急に緊張したのかトイレに行きたくなりました。トイレは廊下にありますが鍵が必要です。試験会場の目の前にある待合室のデスクに鍵がかかっているので、列に並んでいるあいだにそこから鍵を借りてトイレを直前に済ませました。
これもテストの申込みのときにわざわざカイルアまで来ていたからこそ事前に把握できていたので、トイレに行きたい緊張感からは早々に解放されました。

いよいよ試験会場へ入場

さて、時間になり試験会場への入場が始まりました。一人一人チェックしてから会場に入るのでけっこう時間がかかります。ようやく自分の順番が来たので以下のものを提示しました。

  • 受験票
  • 写真付きのID

※IDはパスポート、もしくはステートIDなどの顔写真が必ず入っているものが必要です。

ポケットの中身を全てチェックされました。ズボンはもちろん腰に巻いているパーカーの中も全部ですが、カバンの中身まではチェックされませんでした。試験会場内に教科書や資料などの持ち込み禁止とPrometricからの書類に書いてありましたが、机には出さずカバンの中に入れておき、カバンは足元に置いておく分には持ってきても問題ありませんでした。携帯電話はOFFにして、これもカバンの中に入れたら試験会場内に持ち込むことができました。

ポケットに何かが入っているのはNGです。カンニング防止なんだと思いますが、カバンを持たず携帯やお財布といった必要最低限の貴重品のみで来ている人は、携帯やお財布をジップロックに入れて会場に入る前の受付で預けるというシステムでした。すごい手ぶらだな、、と思いましたがきっと車で来たんだと思います。

当日の持ち物については筆記用具を持参するよう書類に書いてありましたが、消しゴム付きの鉛筆が全てのデスクに用意されていたので逆にそれを利用しなくてはならない感じでした。

テスト開始前のアナウンスについて

受験番号を確認されると席を指定されますので、そこに着席して全ての受験生が入るのを待ちます。その時点で時間は13時から10分程過ぎており、全員が着席できたところでようやくテストの説明が始まりました。
英語でしたので全て理解することはできませんが、なんとなく言ってることは分かりました。大事なことはシートの書き方です。マークシート形式になっているので自分の受験番号やテストを受ける場所(オアフ島)、名前の書き方などマークの仕方を丁寧に説明してくれました。
あとは問題がテキストで配布されるので、そこには何も記載してはいけないということや、テスト中トイレに行っても大丈夫、などといった内容だったと思います。

テストは2時間きっかりです

結局テストの開始は13時15分となりましたが、しっかり2時間取ってくれるそうで、終了は15時15分までと言われたので、時間ギリギリまで見直しをしたり出来る限り全力を尽くしました。

受験する上での注意事項

テストで一番大切なのは、自分の名前などをしっかり記入することです。もし百点満点を取ったとしても、名前がなければ不合格です。また回答欄がずれてしまうと大変なので、マークシートに記入するところを間違えないように気を付けることも大事です。

ふとマークシートに回答番号が100以上あることに気付き、ライセンステストは100問じゃないのか!?と一瞬慌てましたが、問題テキストには100問キッチリだったので安心しました。落ち着くことも大事です(笑)。

テスト終了ギリギリまで見直し

分からない問題があったり、長文の問題で解くのに時間がかかりうそうだな、と思ったら次々に飛ばし、とにかく一旦最後の100問まで進めることに最初は徹しました。一通り解いたら飛ばした問題に戻ってじっくり考えてから解き、最後に全ての問題を見直し、最初に書いた答えを変更したり変更するか悩んだところで、ピッタリ2時間のテスト時間が終了しました。

テストが終わったら2時間待たなくても自分のタイミングで試験会場から立ち去ってOKです。最後まで試験会場にいたのは私とクラスメイトを含め3人だけでした。私の隣の席に座っていた人は開始30分ぐらいで席を立ったのでお手洗いに行ったのかな?、なんて試験中に思っていましたが、最後まで戻ってこなかったのであっという間にテストを問い終えたということです。

開始して1時間くらい経つとぞろぞろ退出する人が増えていくので、もう終わったの!?と少々焦ります。2時間目一杯かけても少し足りなかった私にとっては信じられませんでしたが、周りの動きに動揺しないで目の前の問題にしっかり集中することも大事です。

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。