ロミロミ留学の授業内容

ライセンステスト対策クラス

ライセンステストに向けて日々勉強に励む毎日。
生徒さんはそれぞれ自分のやり方で勉強していきます。ポストイットに書いて目の着くところ部屋中に貼って覚え、覚えたら剥がしたりするクラスメイトや、単語カードのように裏表に書いて暗記したり。
私は教科書以外で学校から配布される教材、ハンドアウトの内容や、授業中テストに出るから覚えておくようにと言われた教科書のマーカー部分をひたすらノートに書き写して覚えました。
いつどこでも勉強できるように重たい教科書やファイル、ノートがリュックにパンパンに入っていると「あぁ、私って受験生なんだな」と浸ったりします(笑)。

テスト対策クラスは無料で開催

試験日の大体2週間前ぐらいになると学校がテスト対策クラスを無料で開催してくれます。
一人で勉強をしていると、どうしても分からなくて先に進めないことが出てきて行き詰ってしまいますし、やはり何と言っても全て英語なので、文章問題を理解すること自体が難しいことも多々あります。そんなテスト勉強に向けて頑張る生徒さん向けに開催するのがテスト対策クラスです。
このクラスに参加する生徒さんには事前に練習問題が配られ、個々にそれを解いてきてからのクラス参加になります。

テスト勉強に向けて豊富な練習問題がある

ロミノハワイマッサージスクールではテスト勉強用に、問100、問120といった練習問題を渡しています。
学科のクラスで授業の最後に出される問10は基本中の基本問題となりますが、テスト勉強用にもらえる問100、120はとてもレベルの高い問題がたくさんあります。テスト向けの問題集なので、まずは基本が分かってからでないと解くことも難しく、復習がある程度進んだ頃のテスト対策クラス前に渡されますが、初めは全て解くこともできませんでしたし、授業で習ったことがないような問題も出てくるのでちんぷんかんぷんでした。

テスト問題の内容に対する素朴な疑問

なぜ授業で習っていないことが学校から配布される練習問題に出てくるのか不思議でしたが、そもそもこのハワイ州マッサージライセンステストは複数の教科書を参考に出題されるそうです。
つまりロミノハワイマッサージスクールで使用している2冊の教科書以外の教科書を参考に出題されることも当然あるため、その教科書で勉強していない私達にとってはちんぷんかんぷんな問題があるということです。ただ、教科書が変わっても人体の仕組みやマッサージ理論など基本的な概念は変わらないので、質問の意味や答えは同じことを言っているけど、違う表現の仕方で問われるといった感じなのかな、と思います。

他にはどんな教科書を参考にしているのか、テストを開催しているPrometricという会社のホームページで紹介されていますが8種類ぐらいあるようです。ロミノハワイマッサージスクールで使っている2冊のテキストを隅から隅まで全てを読んで覚えることも難しいのに、他の6冊まで全てを網羅するのは現実的ではありません。

だから先生たちは、これまでライセンステストを受けた卒業生の皆さんから「こんな問題が出てきたよ」といったテスト内容を情報収集し、それを基にして練習問題を作っては日々更新してくれているんです。
ロミノハワイマッサージスクール生徒さんのライセンステスト合格率が9割以上なのも頷ける、とても有難いことだなぁと感じました。

テスト対策クラスに出席する意義

その大事な練習問題をテスト対策クラスに向けてどんどん解いていき、自分で調べても分からないこと、理解できないことなどをじっくり解説してくれるのがテスト対策クラスです。
質問や疑問を集中してまとめて聞けるので、普段忙しくしている先生を捕まえて質問攻撃するより落ち着いてしっかり話が聞けますし、教科書を開いてメモを取って考えるので自分自身の理解度も増します。また他の生徒さんがどんなことを質問しているのかも参考になり勉強になるので、とても良い復習の場になりました。

一人で勉強しているとダラダラしてしまったり集中力が切れてしまったりしますが、一緒のタイミングでテストを受ける生徒さん同士が出席するので、みんなでテストに向けて頑張ろう!勉強やらなきゃ!というスイッチも入ります。マッサージテーブルをデスクにテキストやハンドアウトを開いて先生のお話を聞くのも学科の授業ぶりになるので、なんだか懐かしい気持ちにもなりました。

ハワイ州のマッサージライセンステストとは

ハワイ州のマッサージライセンステストは100問出題され、75問以上の正解で合格となります。
テストは英語で筆記のみ、答えを4択から選ぶ方式です。
Prometricのホームページには参考にしている教科書以外に、たくさんあるカテゴリーの中からどの分野がどれぐらいの割合で出題されるかも掲載されているので、これもテスト対策クラスで先生が教えてくれます。

テストに出題される内容を事前にチェックできる

更新される場合があるそうなので、自分がテストを受けるタイミングで最新の情報を確認するのがベストですが、私が受験したとき(2017年12月のテスト)の数週間前に確認したときの内容はこんな感じでした。

  • Law and Rules(法律と規則):10%
  • Anatomy and Physiology(解剖学と生理学):50%
  • Massage Theory(マッサージ理論):15%
  • Clinical Situations(臨床状況:25%

たとえば法律に関する問題が100問中10問ぐらい出るよ、ということです。

またこれ以外にVocabulary listもあります。全ての単語に関する内容が出題されるとは限りませんが、これは必ず覚えておかなければならない単語だという目安になりますので、必ずこの内容は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

2週間前までに復習は完璧にしておこう

テスト対策クラスがテストの2週間前ぐらいというタイミングで開催されるのは、先生曰くあまり早過ぎると忘れてしまうし、直前過ぎても慌ただしいのでこのぐらいの時期がベスト、だそうです。それまでになるべく復習を済ませておき、学校から出される問100、120の練習問題を全て解いてからテスト対策クラスに臨む、という流れが良いと思います。

出席する上でのアドバイス

テスト対策クラスを充実したものに出来るかどうかは自分次第です。授業でやらなかった部分があれば新たに教えてくれますが、基本的には自分が分からないことを改めて解説してくれるクラスなので、まずは何が分からないのかを自分でしっかり把握してまとめておくことが大切です。事前の準備をしてからテスト対策クラスに臨みましょう。

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。