日本で留学準備

M-1ビザ取得のための大使館面接

大使館面接

アメリカ大使館の場所

オンライン申請を行い、ビザ取得のための大使館面接のアポイントを入れます。その際に最寄りのアメリカ大使館を選びます。

在日米国大使館
住所:〒107-8420 東京都港区赤坂1丁目10−5
最寄り駅:東京メトロ溜池山王
在札幌米国総領事館
住所:〒064-0821 札幌市中央区北1条西28丁目
在名古屋米国領事館
住所:〒450-0001名古屋市中村区那古野1−47−1名古屋国際センタービル6階
駐大阪・神戸米国総領事館
住所:〒530-8543大阪市北区西天満2-11-5米国総領事館ビル
在福岡米国領事館
住所:〒810-0052福岡市中央区大濠2-5-26
在沖米国総領事館
住所:〒901-2104沖縄県浦添市当山 2-1-1

 

東京在住の私の体験談

私は東京都内在住なので最寄りの大使館は東京の赤坂でした。赤坂にある大使館は最寄り駅の13番地上出口から徒歩約3分ほどのところにあります。
改札から13番出口まで5分くらい歩くので、電車を降りてから大使館まで10分ぐらいの時間をみておけばいいと思います。

 

大使館に到着

大使館に到着すると、まず入り口に長蛇の列。
大使館の公式サイトから面接などのHow to 動画がありますが、予約時間は面接時間ではないので長蛇の列でなかなか中に入れないからといって焦る必要はありませんでした。

列に並んでいると案外早く進み、ゲートに到達。手荷物検査と身体チェックを行い、ようやく大使館の中へ入ることができます。

注意しておくこと

カバンのサイズ

25×25cmまでのサイズと注意事項に記載がありました。測ってみると案外小さいカバンになります。念には念をと規定内のカバンにしていきましたが、列の中には確実にサイズオーバーの大きいカバンを持っている人もいました。測ってまで細かく気にする必要はないかもしれませんが、全てがスムーズに進むよう規定に近いものがいいと思います。

携帯電話

使用はOKですが、中に入ったらカメラ機能は使用禁止。撮影禁止ということですね。

大使館はとても広いですが、ビザ申請で来ている人も多いので、自分よりも先にボディーチェックを受けた、自分の前を歩いてる人に付いていけばまず迷うことはありません。ゲートを出て建物の入り口に進むと受付があります。そこで面接予約確認書のバーコードをスキャンしてもらい、自分の受付番号を発行してもらいます。
私は114番でした!無くさないようにしっかりと握りしめ、再度手荷物と身体チェックを受けていよいよ大使館の建物の中に入ります。(※この受付番号シートは大使館を出たあとに自宅で撮ったものになります。撮影禁止なのでご注意ください。)

携帯は預けてしまうので待ち時間中は本などを持ってくると良いと動画で案内されていましたが、預けなくて大丈夫でした。アプリとインターネットは使用可能なのであまり暇だと感じることはありません(それよりも緊張して暇を感じる余裕がありませんでした笑)。
カメラ、録音は禁止でBluetoothはOFFにするとの張り紙がされていました。

いざ面接

椅子に座っているとすぐに自分の番号が呼ばれ、クリアファイルに入れた申請書類一式を窓口で渡しました。私はそのファイルの中にサポートドキュメントも入れておきました。再度呼ばれるまで椅子に座って待っている間にトイレを利用しましたが、ハワイに来たような感覚になりました。アメリカ独特の造りで、ここは日本だけど建物の中はアメリカなんだな~と実感。

キッズスペースがあるのでお子様連れでも遊ばせておくことができますし、自販機やスピード写真を撮ることもできます。DS160作成時に顔写真をデータでアップロードできない場合はここで撮影できるということですね。

しばらくするとまた自分の番号が呼ばれるので、両手の指紋を取りいよいよ次は面接です!
椅子に座らず立って待っているとすぐに順番が来ました。

質問内容

ドキドキしてましたが面接官は始めから日本語で話してくれたので慌てることもなく、落ち着いて質疑応答できました。私がされた質問は以下です。

  1. どこへ何しに行くのか
  2. 滞在期間はどのくらいか
  3. 現在は何の仕事をしているのか
  4. 貯金はあるか
  5. 帰国してからどうするのか

日本語での質問に日本語で以下のように答えました。

  1. ハワイへロミロミマッサージを学びに行く
  2. 約10か月
  3. 文章を書いたりライティングの仕事(シンプルにオンラインで申請した通りの内容です
  4. ある(預金残高証明を見てもらいました)
  5. 自分でサロンをやりたい(サポートドキュメントに記載した内容です)

無事に面接合格!

面接はやり取りはものの5分程で終了し、「VISAは発給されました、1週間後にVISA付きのパスポートを自宅に郵送します」と言われて古いパスポートだけを返されて無事に面接合格することができました!話してる間も終始緊張はしましたが、終わるとすごく晴れ晴れとした気分。

トータルでかかった時間

8時半の面接予約で15分前に来るよう書面に記載されていましたが8時5分に到着し、
全て終わって大使館を出たのは9時前ぐらいでした。
朝一の予約時間だったのであまり混んでおらず、初めは空席ばかりでしたがあとからどんどん混んできたので、混み具合にもよるかもしれませんが大使館面接の所要時間はトータル1時間ほどと考えておけばいいと思います。

ビザが自宅に届いたらすぐに確認

一週間後、自宅にパスポートが郵送されました。
すぐに中を開けてみると、パスポートにはビザのスタンプがしっかり押されていました!
両手を上げて喜ぶ前に、記載内容が間違いないよう、以下をしっかり確認しましょう。

  • 姓名の表記
  • パスポート番号
  • 性別
  • ビザの種類
  • 生年月日
  • 国籍
  • ビザの有効期限

最後まで確認すると、ビザの有効期限が2022年までの5年間になっていました。
5年もいられるということなのか、勘違いしやすいですが、すべてのM-1Visaは有効期限5年で発行されますが、5年滞在できるという事ではありませんので早とちりのないように!
あくまで留学先の学校が発行するI-20の期間が最優先されます。
5年もハワイにいられたら素敵ですが、生活費のことを考えると我に返りました(笑)

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。