日本で留学準備

お得な海外送金!手数料が安いのはトランスファーワイズ

海外送金

ロミノハワイマッサージスクールでは、授業開始日の1か月前に授業料の支払いを行います。基本的な支払い方法は以下から選べます。

  • 銀行振り込み(海外送金):振込手数料は自己負担です。
  • クレジットカード:3%手数料がかかります。

クレジットカードはポイントも貯まるし良い方法かもしれませんが、カードの限度額と手数料が気になるところだと思います。ほとんどの方は銀行振り込みにされますが、5000ドル以上の海外送金となりますのでなるべく手数料がかからない方法で送金したいところです。

手数料が安い海外送金サービス

私が利用した手数料が安く済み、安心して海外送金できるところを紹介します。

トランスファーワイズは為替レートには手数料が乗せられていなく、本当のレートで円からドルに両替して送金してくれます。手数料は別途請求されるので分かりやすいし安いですが、自分の口座から振込する際の手数料も当然ですがかかりますのでご注意ください。

送金方法のステップ

  1. 自分の日本の銀行口座を登録
  2. 本人確認(マイナンバーカード、通知カード、免許証など顔写真付き)
  3. 自分の口座からTransferWiseに送金
  4. 住所確認後、TransferWiseから学校の口座へ送金
  5. 学校の銀行口座で振込確認

私は三井住友銀行でネットバンキングを利用していますので、自分の口座からの送金も全てインターネットで手続き出来るので、銀行窓口へは一切行く必要がなくとても便利で簡単です。

自分の日本の銀行口座を登録

住所確認についてですが、TransferWiseのホームページから手続きをすると、数日で自宅に書類が届きます。これはネットから登録した自分の住所を確認するためのものです。

書類が手元に来たらTransferWiseのホームページにいってログインし、書類に記載されているアクティベーションコードを入力します。これで送金手続きがされるようになります。

送金時間

住所確認作業があるので最初の登録・送金から相手先の着金まで、スムーズに進んで大体一週間ほどみておけば大丈夫だと思います。

ハワイでの生活費を送金しておく

学校への授業料送金が完了したら、次は自分のハワイでの生活費をどのようにして日本からハワイへ持っていくかです。単純に1か月15万円で生活すると計算した場合、10か月分で150万円が必要になります。10か月はカリキュラムの期間なので、前後で合計1か月分の生活費に余裕をみて165万円を私は準備していましたが、金額が高くなればなるほど送金手数料も高くなります。

生活費に関しては全てドルに両替して現金の支払いがメインの方や、ある程度はドルに両替してもメインは日本の銀行口座にしておき、そこから引き落とされるクレジットカードを基本的に利用するなど、生徒さんによって十人十色です。

私はハワイ現地に銀行口座を開設してそこに現金ドルをある程度入れておき、デビットカードでの支払いメインに生活しようと思いました。この方法を選択したのは、ドルでの生活に自分の感覚を慣らしたいなと思ったからです。

日本の口座から引き落とされるクレジットカードは1か月以上後にその時のレートで両替されて円で請求がきます。私も月に数回はクレジットカードを利用していましたが、そうするとドルの値段を日本円でずっと考えることになります。
クレジットカードはマイルやポイントも貯まりますし、円からドルに両替するよりレートが良いと言われているので一番かしこい方法かもしれませんが、たまにお店によってはクレジットカードは別途手数料がかかるところがあります。また後から請求が来るクレジットカードは現在の残高状況がすぐに分かり辛いなと思い、シンプルにドルの銀行口座から利用した即日に引き落とされるデビットカードにすることにしました。カードなので現金をあまり持ち歩く必要もありません。

ハワイで使う現金は日本円を両替所へ

現金を手持ちでハワイへ持ち込む場合、10,000USドル以上の持込みは申告が必要(非課税)になります。
大体100万円以上ということになりますが、税関では通貨に対する関税を徴収しないそうですが、1万ドル以上の換金可能な有価証券や通貨は報告する義務があり、ちゃんと申告をすれば米国内外への金銭の持ち出しと持ち込みに関して許可の限度はないとのこと。
しかしその金銭の持ち込みが課税所得になるかどうかはハワイ州の政府機関によって決定されるそうです。スムーズに税関も通過できるよう、少しでも面倒なことが起こらないよう、申告する必要がない95万円を持っていくことにしました。

大金を持ち歩くのはちょっと緊張して気が休まりませんでしたが、無事に送金手数料は無料でハワイに持ち込めました。私は以前のハワイ旅行である程度ドルが残っていたので渡航してからしばらくはそれで過ごし、レートが低いときを狙って現地で両替をしていました。

私は留学中、既に旦那さんがハワイに遊びに来るタイミングが決まったいたので、その時に残りの70万円を手持ちで持ってきてもらうことにしました。

大金を持ち歩くのはちょっと緊張して気が休まりませんでしたが、無事に送金手数料は無料でハワイに持ち込めました。私は以前のハワイ旅行である程度ドルが残っていたので渡航してからしばらくはそれで過ごし、レートが低いときを狙って現地で両替をしていました。

残りの70万円ですが、私は留学中、既に旦那さんがハワイに遊びに来るタイミングが決まったいたので、事前に日本の安いレートで両替しておき、こちらも旦那さんに手持ちしてもらうことができたので、送金手数料というのはかかりませんでした。

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。