アドバイザー紹介

ビザについて

アメリカにはいろいろな種類のビザがあり、ビザによってその目的や活動内容、滞在できる期間が異なります。アメリカ・ハワイへ留学を考えるなら学生ビザの取得が必要になりますが、どのような目的の留学になるのか、それによって取得するビザが異なったり、カリキュラムの内容によってはビザの取得が必要ない場合もあります。まずビザに関してある程度の知識をつけて頂き、自分に合った留学の方法を検討して頂ければと思います。

ESTAで留学する

これは電子渡航認証システムで、ビザではなくビザの代わりになるものです。
日米間は3か月以内の旅行目的であれば観光ビザの取得が免除されているので、観光ビザの代わりにこのESTAに登録しておけばアメリカに入国が可能です。

目的観光
滞在期間90日
取得費用14ドル
取得方法ESTAの公式サイトから登録、即日発行

ESTAで学べるロミロミのカリキュラム

ESTAでも滞在中にロミロミを学ぶことができます。その条件は週に18時間以下のカリキュラムであることですので、ロミノハワイマッサージスクールの場合は以下のコースがESTAで受講していただけます。

短期留学

ロミロミ体験ワークショップ:半日/1日/3日間/5日間
最短で3時間のフットコースから5日間の全身コースまで受講できます。旅行でハワイを訪れる方向けの短期体験プランです。

半日(3時間)フットロミロミ体験コース
1日(6時間)手足ロミロミ体験コース
3日間(9時間)背面ロミロミ体験コース
5日間(15時間)全身ロミロミ体験コース

中期留学

ロミロミ集中コース:3週間/4週間/7週間
ロミロミと解剖学の基本が学べる集中コースに、ホットストーンやアドバンスコースを組み合わせることができます。

3週間(45時間)ロミロミベーシック
4週間(61.25時間)ロミロミベーシック+ホットストーン(1週間)
7週間(110時間)ロミロミベーシック+アドバンスコース(4週間)

F-1 visaで留学する

F-1ビザは留学するためのビザで、最も一般的な学生ビザになります。大学や短期大学、語学学校などに留学をしたい場合はこちらのビザを取得します。

目的留学
滞在期間5年間
取得費用160ドル
取得方法米国大使館のHPからオンライン申請、大使館面接をパスすると発給

滞在期間は5年とありますがビザが発給される期間のことになり、正確にはI-20という留学する学校の入学許可書に記載されているカリキュラムの期間が滞在可能な期間となります。

F-1ビザで学べるロミロミのカリキュラム

F-1ビザで学校に通いながら、そちらの学校のカリキュラムに支障がないようならロミロミも平行して習得できます。その場合は以下全てのコースの受講が可能です。

短期留学

ロミロミ体験ワークショップ:半日/1日/3日間/5日間

中期留学

ロミロミ集中コース:3週間/4週間/7週間

長期留学

ライセンスコース:約6か月間~
ハワイ州のマッサージライセンスを取得できるカリキュラムが学べるコースです。希望の場合はアドバンスコースも受講できます。

M-1 visaで留学する

M-1ビザも留学するためのビザで学生ビザになります。専攻分野がマッサージやエステ、ネイルや航空学校などといった専門的な分野の学校の場合、F-1ビザではなくこちらのM-1ビザを取得します。

目的留学
滞在期間5年間
取得費用160ドル
取得方法米国大使館のHPからオンライン申請、大使館面接をパスすると発給

こちらの滞在期間もF-1ビザと同様で、I-20に記載されている期間が滞在可能な期間となります。ハワイのマッサージ関連の学校は大体1年間のカリキュラムが多く、ロミノハワイマッサージスクールの場合は以下のコースが受講可能です。

ライセンス取得のためのカリキュラム

長期留学

ライセンス留学コース:8~10か月間
ハワイ州のマッサージライセンスを取得できるカリキュラムが学べるコースです。現地でOPTを申請でき、マッサージのインターンシップが可能です。

J-1 visaでインターンシップ

これはインターンシップができるビザで、交流訪問者ビザとも呼ばれています。社会人向けのインターンシップのことで、アメリカで働いてお給料を貰うことができます。

目的インターンシップ
滞在期間1年~1年半
取得費用160ドル+ビザ申請代行エージェント費用
取得方法ビザスポンサー団体の面接にパスしてからオンライン申請、更に大使館面接にパスすると発給

他のビザに比べるとビザ取得までのステップが多く、そもそもインターンをする受け入れ先のホストカンパニーが決まってからでないと申請手続きを始められません。ビザ申請に必要な書類も大変多く、ほとんどの場合はJ-1ビザ取得を代行している専門エージェントを利用して申請を行ないます。それなりの英語力が求められ、年齢やキャリアなどの条件もあるため誰でも取得できるビザではありませんが、ワーキングホリデーというシステムがないアメリカにおいて、取得が難しいと言われる就労ビザ以外に有給で働ける唯一のビザと言ってもいいかもしれません。

J-1ビザで学べるロミロミのカリキュラム

インターンシップに支障がないような時間帯で、且つその時間に授業が開講されていればJ-1ビザで滞在中でも学校に通うことができます。フルタイムで働きながら平行して学校にも通うことはとても大変だと思いますが、ロミノハワイマッサージスクールでは学生ビザ取得の必要がない以下のコースを受講できます。

短期留学

ロミロミ体験ワークショップ:半日/1日/3日間/5日間

中期留学

ロミロミ集中コース:3週間/4週間/7週間

長期留学

ライセンスコース:約6か月間~

まとめ

以上のビザは全て非移民ビザになります。
ビザは大きく分けて移民ビザ、非移民ビザの二種類になります。観光や留学、インターンシップなどの目的で渡航する全ての非移民ビザは、米国に滞在した後には必ず日本に帰国するという意志を大使館面接の際に必ず示す必要があります。
大使館面接では日本語と英語、担当する領事館によってどちらの可能性もあり、適切な受け答えができないと追加書類が必要になったりビザが発給されない場合もありますが、事前準備を万全に整えていれば難しいものではありません。まずは留学目的を明確にして、目的にあったビザの申請・取得に挑みましょう!

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。