ロミロミ留学の授業内容

ハワイマッサージクリニックで実習の日々

ロミノハワイマッサージスクールの留学コースのプログラムは8か月間。教室で授業を受ける学科と実技のクラスは最初の2か月間なので、半分以上が実習期間となります。

実習スケジュールは自分で決める

M-1ビザで来ている留学生は1週間のうちに最低22時間以上は実習をしなければならないというルールがあります。どのぐらいのペースで実習に出るか、スケジュールは自分の予定で決められるので、合計22時間以上になるよう学校にシフトを提出します。実習を行うハワイマッサージクリニックは土日休みなので、例えば、、

毎日少しずつ出るパターン

月曜9:00~13:00
火曜9:00~13:00
水曜9:00~13:00
木曜9:00~14:00
金曜9:00~14:00

休みを増やすパターン

月曜9:00~17:00
火曜9:00~17:00
水曜休み
木曜9:00~15:00
金曜休み

といった感じでシフトを自分で決めていきます。もし早くハワイ州のライセンステストを受けたい場合、受験資格に420時間の実習が必要ですので、たくさんシフトを出して実習するのもOKです。

私は最短でライセンステストを受けるという目標があったので、1日も早く受験資格を得ようとほぼ毎日フルタイム(9:00~17:00)のシフトでクリニックに出ていました。

実習期間は長いので、無理して体を壊さないよう自己管理をしっかりしましょう。体力は人それぞれ。自分のペースで進めていくことも大事です。

サロンワークで経験を積む

クリニックでの毎日は朝の掃除から始まりシーツの洗濯で終わります。実習はマッサージをするだけではなく、予約が入っていない時間は様々なサロンワークがあります。

予約対応

ホームページからメールの予約はオフィススタッフが対応してくれますが、直接クリニックへウォークインでお越しになったお客様や、お電話で予約をされるお客様もいらっしゃいます。その場合は手の空いている実習生が協力し合って対応していきます。お客様のご希望日時やコース、人数を伺いそこに充てられる実習生とベッドは空いているかなど確認してから予約を確定します。

シーツの洗濯

これがけっこう大変で、予約が混んでくると洗濯するシーツの量も増えるので溜め込まないよう小まめにしないといけません。ベストなタイミングでいかに効率良く洗濯を回してドライヤーにかけられるかも重要な仕事です。

マッサージに入る

流れとしてはまずお客様をお迎えしてカウンセリングを行い、先にお支払いを済ませてベッドにご案内します。旅行でお越しのお客様が多いのでカップルやご友人同士のご予約が比較的に多いですが、ハワイ在住でローカルのお客様も頻繫にいらっしゃいます。マッサージが終わったらお水をお出ししてマッサージ後の注意点を説明したり、時間がある時はマッサージのアンケートを書いてもらいます。到着したばかりでどこのレストランがおすすめですか?なんて質問にお答えすることも。お客様がお帰りになったらベッドや床の掃除をして次のマッサージが入れる状態に整えます。

またマッサージで使用する備品を補充したり、時間があるときは実習生同士で空いてるベッドを使いマッサージの練習を行ったりして過ごしました。

SOAPを書くことで試験勉強に繋がる

自分が担当したお客様のSOAPを書く事も重要な仕事です。ソープ(SOAP)とは

  • (主観:S)どこが凝っているのかお客様のご要望を伺い
  • (客観:O)ファーストタッチで感じたことから
  • (評価:A)それに対してどのようなマッサージを行ったか
  • (計画:P)今後どのようなことをしていけば良いか

これは大事なお客様1人1人の顧客データ、クライアントヒストリーとなるカルテです。
始めの頃はSOAPを書くのが難しくてかなり時間がかかっていました。アプローチした筋肉を一つ一つ調べたり、どのような手技を使ったのか思い出したり、、特に連続して数人のマッサージに入ると最初のお客様のマッサージがどうだったか忘れてしまうので苦労しましたが、最終的には何も見ずにスラスラと英語で筋肉を書けるようになりました。どこの筋肉が張っていてどのような手技でアプローチしたのかを書いていくことで自然と筋肉の場所や名前も覚えられ、良い試験勉強になりました。

解剖学に基づく効果的なロミロミができる

実技の授業ではそれぞれの筋肉はどこから始まってどこで終わるのか、どういった動きをする為の筋肉なのか、リンパや神経はどう関係し合っているのかなど勉強します。
それを理解した上で意識してマッサージをしていけるようになると、より効果的なマッサージができるようになっていきます。

いろいろなお客様との出会い

忙しい時期はフルタイムのシフトで4人のお客様をマッサージすることもありましたので、いろいろなお客様を経験することができました。

  • 足の甲を骨折されギブスをはめたまま
  • 90分コースで上半身のみリクエスト
  • 頭と手の平、足の裏に触れてはいけない
  • あまりにも体が大きくてうつ伏せになれないため横向き
  • ロミロミ専門店ですが90分コースでドライの指圧をご希望
  • ビーチからそのまま来たのか足が砂だらけ

嬉しい感想で成長を実感できる

気持ち良かった!とシンプルな言葉が何よりも嬉しいのですが、驚くような感想も頂けました。自分の励みになるのでメモしておいてたまに読み返したりしました(笑)。

「今まで色々マッサージを受けてきたけどすごく手が温かい。何か持ってる!」
「絶妙な力加減。本当にライセンスを持っていないの?」
「あなたは学生ではない、プロフェッショナルだ。」
「他で受けたマッサージよりも繊細なマッサージだった。」
「ホットストーンを持っているみたいに手が温かい。」
「前より圧が強く入るようになったね。」※二回担当したお客様で二度目のとき

最初の頃は60分・90分の時間内で終了することにただ必死でしたが、実習時間を重ねマッサージ経験が増えていくにつれ考えられる余裕がでてきました。今日はアドバンスで習ったちょっと難易度の高い手技に挑戦してみよう!とか、苦手な手技を克服できるよう姿勢に意識してやってみよう!といった目的意識を持ってマッサージが出来るようになり、嬉しい成長を実感できました。

限られた実習時間をただこなすのではなく、意味のあるものに出来るかどうかは自分の意識次第です。たくさん経験して求められるロミロミセラピストになろう!

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。