よくある質問

ロミロミ留学中の一時帰国について

ロミロミ留学中に一時帰国はできるのか?

基本的にロミノハワイマッサージスクールでは、留学中の一時帰国はできません。
学生ビザのルールとして一般的には許可されていますが、ロミノハワイマッサージスクールのカリキュラムは8か月間と、4年制の大学留学などに比べたら短いため留学期間中しっかり集中してロミロミ習得に励んていただきたいので、いつでも一時帰国ができるといったご案内は学校としてしていません。ただ、ご家族のご不幸など特別な場合に限り一時帰国が許可されます。

これまでこのようにご案内していましたが、まさか自分自身が留学生第一号の一時帰国をする生徒になるとは思いもしませんでした。

突然の訃報を受け急遽一時帰国

留学中に祖父が亡くなったと突然の訃報を受けました。家族からは留学から戻ったらお線香をあげてくれればいいと言われましたが、それではきっと後悔する、どうしても最後のお別れがしたいと思い、一時帰国することを決めました。連絡を受けてから出発まで2日間で急いで準備を始めます。

まずはフライトを手配

お通夜と告別式の日取りが決まるとすぐにネットで航空券の手配をしました。日本円での購入か、ドルでの購入か、選択肢はありますがその時のフライトはドルでの購入が安くHISで申込しました。よく直前になると航空券代は安くなると聞きますが、さすがに前日の夕方~夜になると値上がりしていたので、希望フライト日の前々日手配が良さそうです。私は土曜日の夜に申込み、月曜日の朝一にホノルル出発のフライトを往復727ドルでGETできました。

学校へ連絡

ハワイ時間の土曜日お昼過ぎに日本から連絡がきた後に校長先生に電話で報告し、事情を説明して一時帰国の許可をもらいました。このときは実習中でしたので、ハワイマッサージクリニックでのお客様予約や短期コースのマッサージモデルも入っていましたがすぐに調整していただきました。学校の心配はご無用なので帰国してお別れをしっかりしてきてくださいねと快く言ってもらいとても安心しました。

I-20の手配

留学中は常に最新のI-20を保持している必要があります。
一時帰国をしても再度ハワイへ入国できるように、I-20のtravel endorsementの欄に校長先生のサインをしてもらい最新のI-20を発行してもらいます。これは「米国を一時的に不在になった後、再入国して同じ学校へ出席することを学校がきちんと認めている」という内容で、自分自身のサインもして完了です。一時帰国の際はこのI-20を必ず携帯していることがとても重要です。
訃報を受けたのは土曜日、フライトが月曜朝一なので、週明けすぐに学校へ行って最新のI-20を発行してもらったのでは間に合いません。フライトが確定したことを日曜日に連絡すると、わざわざ校長先生が最新のI-20を自宅まで届けてもらい柔軟に対応してくれてとても助かりました。

一時荷造り

私は日本の初夏に出発して、春の季節に帰国する予定だったので冬服は一切持っていません。この時は1月上旬で日本は極寒・・・トレーナーやパーカー、厚手の靴下と、持っている限りの厚着を準備しました。ホテルに滞在するわけでなないので身の回りのものは自宅にある為、本当に必要最低限でバックパック1つと荷物はとても軽くてすみました。

日本での通信環境

私は日本で使用していたiPhoneを一時休止手続きを行い、ハワイのSIMを契約してそのままiPhoneを使用していました。なので日本の通信はもちろん利用できず、Wi-Fi環境にあればネットが繋がるという状況です。この携帯が日本に行くことは海外に行くことと同じになるので、日本のフリーWi-Fi事情はどうなんだろうと調べてみました。空港内や一部交通機関では普及してますが、街中にでるとカフェぐらいなイメージです。家族とさえ会えれば問題ありませんが、成田空港に到着してからお通夜の会場までどうやって向かったらいいかなどいろいろ調べる必要もありますし、数日滞在予定の実家にはそもそもWi-Fiがありません。ハワイと比べると不便さを感じたので、ハワイでWi-Fiルーターを借りていった方が良さそうだと思っていたところ、ラッキーなことに航空券を申し込んだHISでWi-Fiルーターの無料レンタルが付いてきました。直前の予約でしたが何とか在庫もありと確認できたのですぐにHISの店頭まで取りにいき、これで日本での通信環境対策も整いました。

ハワイから日本へ行く

いざ日本に帰るとなると不思議な気持ちでした。
帰国予定まで約1年帰らないつもりでいたのでちょっと嬉しいような、まだロミロミ留学途中なのでこの状態で家族に会っていいものか、ちょっと複雑な気分にもなりました。それと共に急にハワイが恋しくなり、毎日当たり前だったこの陽気な天気、気候、ずっと続くように思えた楽園での日常がやはり永遠には続かないんだと思い知り、今更ではありますが1日1日を大事に過ごさなきゃいけないんだなと改めて感じつつホノルル空港に到着しました。

ハワイから日本へ出国するときの手続きはいたって普通でした。他の日本人旅行者と全く変わりありません。I-20を提示するタイミングもなく必要なしといった感じで拍子抜けでした。成田空港に到着してからもいたっていつも通り。バックパックだけだったので荷物は預けず、飛行機を降りたらすぐに出れました。日本の税関で荷物はそれだけ?とちょっと驚かれたくらいです。

日本に到着すると噂以上の寒さ。この年の日本の冬は体験しない予定だったので、いきなり極寒になった環境の変化と凄まじい乾燥にお肌がついていけず、肌荒れ手荒れがかつてないほど悪化し、ハワイの素晴らしい気候の良さにも改めて感謝しました。

日本からハワイへ戻る

約1週間の日本滞在を終えてハワイへ戻ります。成田空港のカウンターでチケットを発券する際、ここでようやくI-20を提示しました。ハワイ行きのチケットのみで、日本へ帰るチケットも持っていなかったからかなと思いますが、日本の出国も特に問題ありませんでした。
そしていよいよハワイに到着。入国審査では学生ビザを持ってることを念のため伝えると自動ではなく窓口のレーンに行くよう教えてもらい列に並びます。私の順番になりパスポートと申告書を提示しました。ビザのページを確認していたのでI-20も渡し、travel endorsementの部分までしっかり確認してもらい以下質問が英語できました。

ハワイの空港での入国審査

Q.この住所は?
A.ホームステイをしている

Q.休暇で帰ったの?
A.祖父が亡くなりお葬式参列のため(I’m so sorryと言ってくれました)

Q.野菜などの食品は持っていないか
A.持ってない

Q.10000ドル以上持ってないか
A.持ってない

以上を英語で答え、指紋と写真を撮って無事スムーズに終了しました。

ハワイへ戻る際はお土産がけっこう多く荷物を預けていたので、レーンから荷物をピックして出ようとしたら、手前の税関で初めて捕まりました(いつもは素通りです)。英語を話せるか聞かれたので「少し」と答え、パスポートを提示してMビザであることを確認されたのでロミロミマッサージを学んでいることを説明しました。
そして台の上に荷物を全て置くように指示され、中身を開けられるのかなと思いきや入国審査の時と同じ、野菜などの食べ物は持ってないか、お金は10000ドル以上持ってないかという質問だけで終了しました。荷物の開封チェックは免れ税関もクリアでき、無事に空港を出てハワイに戻ることができました!

まとめ

ロミロミ留学期間中やむを得ない理由で一時帰国をする場合、まずは学校にすぐ相談してください。私は実習期間中に一時帰国することになりましたが、タイミングによっては別の手続きが必要になることも考えられます。そしてハワイに戻りちゃんとまた留学が再スタートできるようI-20を手配してもらい、それをしっかり保持していることが重要です。

ABOUT ME
Satoko
2014年からロミロミ留学アドバイザーとして仕事をしてきました。皆さんにロミロミ留学の魅力をお伝えしているうちに私自身もロミロミ留学をしたいと思うようになりハワイ留学を決断し、2017年から2018年の約1年間ロミノハワイマッサージスクールへ留学してきました。現在は日本に戻ってきてアドバイザーとして実体験をもとに相談に乗らせて頂いたり、アドバイスをさせて頂いています。
ロミロミ留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナー

ハワイへロミロミ留学を検討中の方へ、留学前に知っておきたい3つの選択肢セミナーを開催しています。ハワイ留学を決断する前に、あなたの選択肢をしっかり把握し、失敗のない留学にしましょう。